小学校教員のためのプログラミング入門

いろいろなIT活用教材

 一斉授業でスクリーンに提示して用いる IT 活用教材でもっともよく見かけるのが,パワーポイントなどプレゼンソフトを使ったものでしょう.アニメーション機能を使うことで,プレゼンソフトでも効果的な教材が作れると思います.しかし,プレゼンソフトでは表現の限界があります.多彩な教材を作るには,やはりプログラミングによる教材作りに勝るものはないでしょう.

 ただ,やはりプログラミングによる教材開発には大きな壁があるようで,公開されている教材はそれほど多くありません.また,やっと見つけた教材も,児童・生徒が用いる教材,つまりドリル型の教材が多く,一斉授業で用いられるものは本当に数少ないのが現状です.

 一斉授業で使える教材というのは,わざわざ IT 活用教材を使う,なんらかのメリットが必要です.それは,現実では示すことができないものを提示できるようにするとか,現実では時間のかかるものを瞬時に提示するとか,特に低学年向けでは生徒の気を引くとかなどです.実は,プログラミングの壁よりも,意義のある教材のアイデアを思いつく壁の方が高いのかもしれません.

 今回は,公開されている IT 活用教材をいくつか紹介しますので,後期の総合演習での教材作りのヒントにしてみてください.

国語教材 「が」と「を」で文をつくろう

 「が」と「を」を使って文を組み立てると,その文の意味に従って,アニメーションが表示される教材です.どのような文を作っても,その意味に従ったアニメーションが表示されるので,「が」と「を」の使い方を間違えると,とんでもないアニメーションが表示されます.作った文のアニメーションが表示されるので,生徒の興味をひけそうです.

 作者は児童・生徒に使わせることを想定していたようですが,教師がスクリーンに表示させて,児童・生徒の発表に従って操作したり,児童・生徒に前に出てこさせ操作させたりする使い方もよいと思います.この場合,電子黒板の利用が最適と感じます.

13-1.jpg 教材 公開ページ

算数教材 立方体の展開図

 3×4 のマス目から 6 個のマスを選ぶと,立方体ができるかできないかを判断してくれる第日本図書製の教材です.展開する際にアニメーション表示をしてくれると,もっとわかりやすいかもしれません.

13-2.jpg 教材 公開ページ

 一方,教育出版の教材は,立方体を展開していくアニメーションを見ることができるのですが,ちょっと操作が面倒です.教材のユーザインタフェース(使い勝手)も重要な点です.

13-3.jpg 公開ページ

算数教材 かず

 算数教材をもう一つ.こちらはすごく単純な教材です.1年生にひきざんを教えるときにとても効果的なのではないかと思います.

13-9.jpg 教材 公開ページ

理科教材 電気のはたらき

 電池,豆電球,スイッチ,電流計を自由につなげて,シミュレートができる教材です.現実の回路を組み立てて見せるのとどちらがよいか微妙なところですが,分かりやすさ的にはこのような教材もよいと思います.

13-7.jpg 教材 公開ページ

技術教材 てこクランクの原理

 てこクランクなどリンク装置の原理をシミュレートする教材です.とてもわかりやすですが,もう少しビジュアル的に凝っていればおもしろいと思いませんか?

13-4.jpg 公開ページ

音楽教材 作曲

 音楽教材と言ったら作曲ソフトですね.授業でも取り上げたように,コンピュータは音を扱うことが得意です.もっともっといろいろな教材があってもよいような気もします.そのような中,ちょっとおもしろいものを見つけたので,紹介しておきます.これは TOYOTA の dB の宣伝用に mixi とコラボして公開されているコンテンツで,流れる景色にマークを置いていくと,そのマークに従って,音が流れるというものです.とても簡単な作曲ソフトと考えればよいと思います.

13-6.jpg MUSIC DRIVER

音楽教材 演奏

 もう一つ音楽教材を.これは鍵盤ハーモニカの楽譜を大きく表示するだけです.低学年の子に手もとの楽譜を見ながら演奏をさせるのは難しい場合もあります.スクリーンに大きく表示してあげると,よい効果が生まれるかもしれません.

13-8.jpg 教材 公開ページ

総合学習?教材 群れの知能

 鳥の群れがどのように飛ぶのかについて,単純な三つのルールを作るだけで,とても自然な群れの動きを再現できることを示す教材です.もちろん,本当に鳥がこのルールに従って飛んでいるという証明はされていませんが,非常に複雑そうに見える動きも,実は単純なルールの組み合わせであるかもしれないということを教えることができると思います.

13-5.jpg プログラム 解説

おわりに

 これで,プロジェクト学習「初等教育におけるコンピュータプログラミング/小学校教員のためのプログラミング入門」の授業は終わりにします.

 プログラミングはどのようなものかを感じることはできたでしょうか.簡単なプログラムなら自分の力で作れるようになったでしょうか.たった3か月の授業でプログラミングが上達することは無理だと思います.しかし,3年間プログラミングの授業を受けても,これまたなかなか上達するものではありません.プログラミングの上達に一番大切なのは,自分で作りたいと思ったソフトを,自分の力で作ることです.後期の総合学習はそのよい機会ですので,総合学習を通して,プログラミングによる教材作りの実践力を高めていくことを期待しています.