Beautiful Moon Wiki

WebPageの著作権

webページへのリンク

基本的に web ページにリンクを貼ることは何の問題もありません.これは,社団法人著作権情報センターのQ&A「無断でリンクを張ることは著作権侵害となるでしょうか。」にも記述されています.モラルという言葉を出してきて無断ではしていはいけないとする意見もありますが,そもそもハイパーリンクの概念の実体化であるwebの世界では,リンクを禁止する考え方そのものがおかしいと思われます.

しかし,「トップページ以外へのリンクはお断りします」とか「無断リンクお断り」と明記しているwebページはいっぱいあります.教育用素材を提供しているIPAの教育用画像素材集もその一つです.教育用サイトの大元NICERも最近まで無断リンク禁止だったようです(真の情報モラルを自分の頭で考えない輩がリンクの許諾制を伝染させる).

高校の教科情報の教科書でも,無断リンクはしない方がよいとの記述が多いようです.
この辺はきちんと調べてみる必要ありですね.
また,ホームページという言葉を誤って(日本では既に通称?)使ってないかも,
調べてみる価値はありそう.だって教科書だもん.

では,なぜ問題ないと言えるのかを考えてみます.著作権法で保護されているものには,著作者人格権(公表権,氏名表示権,同一性保持権)と著作権(複製権,上演権および演奏権,上映権,公衆送信権等,口述権,展示権,領布権,譲渡権,貸与権,翻訳権,翻訳権等,二次的著作物の利用に関する原著作者の権利)があります.このうち著作者人格権と複製権,公衆送信権等が web ページのリンクに関係してきそうです.

webページに対してリンクを張る行為は,単にそのページへの移動(ページを開くこと)の指示を記述しているだけで,そのwebページを構成するファイルなどをダウンロードしているわけではなく,複製を行っていないことは明らかです.また,webページの公衆送信しているのは,著作者が送信を可能にしたサーバであり,リンクを張ることによって公衆送信をしているわけでも,送信可能化(サーバから著作物を送信可能な状態にすること)を行ったわけでもありません.したがって,著作権に含まれる権利を侵してはいえないと思われます.

では,著作者人格権はどうでしょうか.公表権は著作物を公表するかしないか,するならいつするかを決定する権利です.リンクを張るwebページは既に公表されているのでこの権利は侵していません.同様に,本名または本名以外の名前を表示するかを決定できる氏名表示権,著作者の意に反して著作物の変更や削除や改変などを受けないという同一性保持権も侵していないことは明らかでしょう.

タイトル等を使ったリンク

ここで,リンクを張るときに著作物のタイトル等を表示することがあると思います.下の参考webページのリンクがその例です.これは問題ないのでしょうか.

参考webページ

タイトル等を使ったリンクですね